カテゴリ:地球のうえの台所( 1 )

地球のうえの台所ーわたしの台所

うちの、台所は、畑と、つながって、います。
ひろい、えんがわは、あらいものの、かごを、ほすのにもいいし、
畑の、たべものを、あらったり、きったり、仕事するのに,とても、いい。
とうもろこしや、たけのこの、かわを、はいだり、いもも、あらいます。
うめをつけたり、らっきょうを、つけるときも、えんがわで、あらったり、おへそを、
とったり、します。
えんがわは、2間の4間の、ひろさです。ひできさんがこしらえてくれました。もともと、タイ人の、おうちに、いくと、しゃがんで、台所の、したごしらえを、するので、らくちんなのを、おもいえがいていました。10センチぐらいの,木でできた、お風呂のいすみたいなのに,こしかけて、
かわむきしたり、まめの、すじを、とったりします。
そんなかんじで、イメージして,えんがわを、つくりました。
えんがわに、パッカマーというぬのをしいて、ごはんもたべます。
ゆかで、たべると、くつろげます。
かぞくだけの、ときは、台所の、ちいさなつくえで、いすにすわってたべますが、
大勢で、たべえるときは、ゆかが、べんりです。
これも、タイの人たち風です。
台所は、文化だと、いう、ともだちが、いました。たしかに、わたしの、ありようだったり、なにを、たべてきたかだったり、考えるところが、いちばんでるところだと、おもいます。
地球のことを、かんがえると、台所は地球の、いりぐちだと、おもいます。うちの、よこを、ながれる、かわに、台所の、洗い物の、おみずは、流れます。
そして、田んぼに、はいります。
田んぼが、ないときは、ずんずん、したへ、したへと、くだり、日御子川にそそぎ、
物部川で、たくさんのお水とともになり、水は、海へとたどりつく。
だから、おしるものは、土の、あるところへすてたり、家畜の、えさに、あげます。
うつわを、あらうときも、お湯で、どうしても油汚れの、ひどいときは、灰汁を、つかいます。それと、ときどき、ほんのちょっと、せっけんを、つかいます。台所のものにも、プラスチックのものは、つかいません。きもちが、いいもの、木や、土のもの。そして、土にかえるものを、つかいます。ラップの、かわりは、映画、「初恋のきた道」を、みてから、やきもののおさらで、ふたにします。いつもは、みられない,高台の部分が、みられて、なんだか、うれしいいのです。
これは、わたしが、うつわと暮らしていると、かんじる、ときです。
だから、つかわないことより、工夫する、たのしみが、またわくわくします。
だから、だれか、ともだちのところにゆくと、たのしみは、どんな台所で、何を食べて暮らしているのかなと、気になり、つい、きょろきょろみてしまいます。
ほんとうの知恵や、工夫は、どの雑誌をみても、でていないと、おもいます。
ひとから、ひとへ、つたわる、なまものです。音楽だと、ライブです。
遊びにいっても、台所が、みえないところに、あったりすると、がっかりしちゃうのです。
じぶんと、ちがうところに、工夫しているところを、知りたいのになあ。
地球のうえに、生きている、わたし。その、まんなかに、あるのが、台所です。

e0118540_0162830.jpg

[PR]
by tanemakibito | 2007-12-05 20:25 | 地球のうえの台所