セツローさんやってくる

 セツローさんの小屋つくりに、とりかかって、1年半がすぎ、やっと去年の暮れにできあがりました。
でもセツローさんのいない小屋はしんとして、さみしそうでした。おとつい、やっと、セツローさんがその小屋にやってきて、なんだか、あかりがともると、小屋は生きものみたいに、いきいいきとしてきました。これからまいにち、セツローさんと過ごす日々がたのしみです。
きのうは、大工の田中さんがやってきて、セツローさんのために、トイレやお風呂のあちこちに、バーをとりつけてくれました。ひとりで、できるように、あじさいへデイケアーにもでかけます。パワーリハビリがいいのだそう。からだつくりしたいのだと言うセツローさん。わたしたちも、勇気づけられます。
[PR]
# by tanemakibito | 2014-02-02 10:33 | うねうね日記